婚活パーティー/お見合いで素敵な結婚相手に出会う方法

婚活パーティー

Tinder(ティンダー)で婚活した体験談

投稿日:

マッチングアプリ初心者が始めるTinderというアプリ。

婚活パーティー

ユーザーは男女ともに10代~50代の幅広い層(外国人も多い)が利用しています。希望の条件の人を手軽に次々見ていけるところです。空いた時間でスマホ片手に恋人探しができてしまいます。「若い女子もけっこう使っている。気軽にチャットできる。」という言葉が胸に刺さりました。

意思表示は3パターン。使い方がシンプルなマッチングアプリ

Tinder歴1年の28歳男性会社員です。

相手への意思表示は「LIKE」「NOPE」「SUPER LIKE」の3パターンです。気になる人がいれば画面を左から右へスワイプ(LIKE)し、気にならなければ右から左へスワイプ(NOPE)します。

基本仕様のみの利用であれば無料ですが、課金をすることによりオプションをつけることができます。

オプションの一つに「SUPER LIKE」という機能があり、本来相手に意思表示が伝わらない「LIKE」と違い、「私はあなたに興味があります」と相手に伝えることができます。

ユーザーは男女ともに10代~50代の幅広い層(外国人も多い)が利用しています。私は対象を20歳?35歳、現在地から20km圏内に設定して利用しています。

利用のきっかけは知人女性からの紹介で、「若い女子もけっこう使っている。気軽にチャットできる。」という言葉が胸に刺さりました。

時間がない。お金がない。出会いがない。人にもおすすめ。

Tinderの良いところは、希望の条件の人を手軽に次々見ていけるところです。空いた時間でスマホ片手に恋人探しができてしまいます。

個人的には流し見しているだけでも楽しいです。簡単な自己紹介文を書いている人もいますので、チェックしてみるとマッチした後のチャットも盛り上がります。

一方、写真で判断されがちであったり、マッチしてからの反応がないなどの面もありますが、それは手軽にマッチできる分やむを得ません。

特におすすめしたいのは「出会いがない。でも合コンは苦手だ。」という方です。お互いに「LIKE」となれば、Tinder上でチャットができます。

合コンのような大勢の場では気を使って話せない趣味の話など、チャットの方がかえって自然体で会話できるのでとても自分には合っていました。

気が合えば連絡先を交換し、遊びに行ったり飲みに行ったりと進展していきます。恋人にはならなくても共通の趣味などあれば友達としてこれから付き合っていくこともできます。

社会人になり出会いが少ないなかでこういったアプリで恋人や友達ができ、良い時間潰しにもなるのでお気に入りのアプリとしてTinderを利用しています。

-マッチングアプリ体験談

Copyright© 婚活パーティー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.