婚活パーティー/お見合いで素敵な結婚相手に出会う方法

婚活パーティー

意中じゃない人にアプローチされたときの上手な断り方

投稿日:

お目当て以外の人からアプローチされたら、どうするべき?

婚活中にタイプではない相手をお断りするのは、ちょっと気が引けますよね?はっきり断らないとトラブルの原因にもなります。断ったはずなのにしつこく連絡がきたり、トラブルに巻き込まれたときの対処方法について説明します。

婚活パーティー

意中でない相手を無理にOKするのはトラブルの元!

婚活中、意中の人以外からのアプローチに対してどうふるまえばいいのかは、とても悩むところです。

気を付けたいのは、断りにくさから返事をあいまいにしてしまうことです。この場合、意中以外の相手が勘違いをして承諾してもらえたと思い込むケースがあります。

認識がずれているままなんとなく連絡、お付き合いをしてしまうと、自分の気持ちはどんどん冷めていくものです。

結局はお断りをすることになりますが、その際に相手から恨まれたり、しつこく理由を聞かれたりしてトラブルになることがあります。

一見冷たいように見えますが、アプローチされたときにはきちんと別の人が気になっているのでお断りします、と伝えましょう。

自分の意思表示をすることで、相手が誤解しないようにするのが最低限のマナーです。

婚活は相手も、自分も真剣に行うものです。大人同士ですから、話し合って解決しましょう。

参考サイト:失敗しない結婚相手の選び方

断ったはずなのに!トラブルの場合

婚活中、意中でなった相手に、きちんとお断りをしたにも関わらず、しつこく連絡があった場合ですが、婚活の運営会社に言うのが最善の方法です。

最近では無理に相手とマッチングさせることなく、担当者のほうから今回はお断りの旨を伝えてくれるのがほとんどです。

自分の最良の伴侶探しですから、手伝ってくれる担当者にはいろいろ相談し、何かあった場合は必ず報告しましょう。

反対に、自分が断られてしまった場合も今回は縁がなかったと思って、別のお相手を探したほうが婚活ははかどります。

男女どちらからの場合でも、しつこくしては失敗してしまいます。婚活までしているんだから相手を必ず見つけたい、と焦る気持ちは皆同じなのです。

同じであるからこそ、余裕を持たなければ選ばれません。

お目当て以外の人からのアプローチは断るのが最良です。しかし礼儀を忘れず、丁寧に相手に「今回はご縁がなかったようで」と伝えましょう。

参考サイト:婚活サービスのおおまかな費用相場はどの位?

-婚活

Copyright© 婚活パーティー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.